言うべきか、言わないべきか?

こんにちは、スタイリストのフチガミです。

 

なんか、急に寒くなってきました。

このまま冬になるんですかね?

 

今年に入ってから髪の毛をきちんとしようというのと、

「お金を払って髪の毛を切る」

という感覚を取り戻したくて、毎月

地元の美容院に行ってます。

 

人生で同じサロンに通ったことがなくて

「指名し続ける」

という経験もなくて、ずっと同じ人にカットしてもらうと

関係性ってどうなるんだろう?

というのも実感中です。

 

で、先日、月一恒例のカットに行って来て

カットが終わり帰る時にスタイリストさんに

呼び止められて

「どうしたの?」

と聞いたら

「実はお店を辞めるんです」

と。

 

女性のスタイリストさんなんだけど

なんでも妊娠したそうでしばらくは

サロンワークができないとの事。

せっかくたくさん話せるようになったり

カットの注文も特に細かく言わなくても

理解してくれて、とても楽ちんでした。

 

それなのに、もうカットしてもらえない。。。。

どうしよう?

と、思ったと同時に

「あ、僕もお客様にこういう思いにさせてたんだ。」

と思いました。

 

担当美容師がいなくなる。

なんて話はよく聞く話だけど、

こんな気持ちになるんだね。

なんかいろいろと思いだして泣きそうになりました。

 

今月いっぱいはサロンにいるそうで

とりあえず最後のカットに行ってこようと思います。

で、実は僕が美容師という事を話してなくて(聞かれてないから)

最後にそれを言おうかな?どうしようかな?

と悩み中です。

 

言うべきか、言わないべきか?

どうしよう?

ブルー増量してあります。

こんにちは、フチガミです。

 

だいぶ涼しくなり秋も深まってきました。

でも、雨も多くて湿度が高い秋ですね。

 

今年発売されて、今月のリンク新聞でも紹介させて頂いた

カラー剤の「スロー」

おかげさまでお客様にも好評です。

特徴は究極のアッシュです。

赤味を徹底的に排除してあるカラーがベースで

クリアな仕上がりが実現します。

 

今の環境で、髪の色を自由にできる方は

どれくらいいらっしゃるのでしょうか?

おそらくお仕事の関係上ある程度の制約がある方が

ほとんではないのでしょうか?

そんな状況下では

「暗くても重く見えずにあか抜けたカラーにしたい」

みたいなところではないでしょうか?

 

カラー剤スローはアッシュ系がの青が強めに出るので

低明度だとい暗く見せることができます。

かつ、きちんとコントロールすれば光に透けた時に

きちんと透明感を出してくれるので

軽さのあるダークトーンに仕上がります。

 

暗めだけど透ける感じが軽さと柔らかさを

醸し出してくれます。

 

仕事上あんまり明るくできないけど

ヘアカラーを楽しみたい!

そんなあなたにおススメです。

それ、言われたい?

こんにちは、Linkスタイリストのフチガミです。

 

九月に入ってもあまり気温が下がらず暑い日が続きますが

でも、朝晩は少し涼しい風が吹いたりして

秋の気配を感じる今日この頃。

 

よくお客様から

「頑張ってね」

とか、

「頑張ってるわね」

と言っていただく事が多々ありますります。

 

昔から感じていたことだけど、

「頑張れ」

っていう言葉って使い方が難しい気がずっとしています。

 

その言葉を言われて

「よし、やるぞー!」

と、気合いが入る人もいれば、

「そんな簡単に言われても」

と、プレッシャーに感じる人もいる。

 

言う側としては、心から応援している人には

自然と出る言葉だろうし、社交辞令の場合もあるだろう。

 

昔、観たジブリ映画だったかなんかで覚えているセリフがあります。

 

「自分より頑張っている人に頑張れなんて言えない」

 

これは実によくわかり共感した記憶がありますります。

 

自分の頑張りと相手の頑張りがどれくらい違うのか。

自分が頑張ったうえで初めて人に言えるのではないか?

 

なんか、考え出すとキリがなくて何も話せなくなるほど

言葉選びって難しいですね。

 

まあ、僕は、「頑張れ」って

言われたいほうですけど(笑)

 

あ、「一緒に頑張ろう」

ってのも素敵な言葉だなあ、と思います。

 

さて、頑張っていきますかね。

 

 

 

 

 

帰国子女は三回髪型を変える?

こんにちは、スタイリストのフチガミです。

 

お盆も終わり、まだまだ暑いですが夏が終わろうとしていますね。

ぼちぼち夏バテというか疲れが出てきている気がします。

でも、とても元気に過ごしています。

 

先日購入した本に面白い話が載ってました。

 

「帰国子女は3回髪型を変える」

 

という話です。

 

ある友人が「帰国子女は、みんな合コンの時に3回髪を変える」

そして、「そして彼女たちは例外なくモテる」というのです。

彼女たちはまず、さらさらのストレートヘアーで合コンに現れます。

一見、清楚な雰囲気です。

 

ところが、お酒が進んで話しが盛り上がってくると

彼女たちは途中でその髪の毛を片方に全部寄せます。

つまり、片方のうなじが出るわけです。

さっきの清楚な雰囲気はどこにやら。

急に色っぽい女の顔になります。

 

そして、締めのパスタや雑炊が出てきたところで

おもむろにクリップでまとめてアップにするのです。

首元は全開になります。

 

その話を聞いた著者は、さっそく帰国子女が参加する合コンを

観察したところ、全く同じパターンで髪型を変えたそうです。

その場にいた男性は彼女たちの一挙一動にドキドキしていたそうで

著者も髪が長い女性は絶対に真似した方が良いと断言されています。

 

あー、確かに昔から

「女性のかきあげるしぐさ」

にドキドキする話とかよく聞きますもんね。

 

ちょっとした変化でも男性は喜ぶものだと思うので

別にロングヘアじゃなくてもミディアムでもショートでも

例えば、少し分け目を変えるとか、

付けるスタイリング剤を変えて毛先の質感を変えてみるとか

(最近だと、ウエット仕上げっぽく仕上がるのが流行りです)

髪を耳にかけるだけでも良いと思います。

 

鏡の前で髪の毛をふり、髪の毛を色々動かしてみて

違う自分を探してみてください。

そうすると周りや目の前の男性が

「おっ♪いいね」

と喜んでくれるんじゃないかなあ?

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

ありがとうございます。

 

※少人数で、基本マンツーマンでさせていただいていますので

土日などは、当日のご予約がほとんど取れない状態になっています

前もってのご予約か

ご来店時に次回予約をしていただけると

確実に、来たい日にちにご予約が取れます!

お会計時にも5%OFFになりますので ご検討下さい!

03-6804-0460

 

魔法が使える美容師。

こんにちは、フチガミです。

 

今日は気温もあがらず比較的過ごしやすいですね。

お盆に入り夏休みに入った人も多いのか、

街にも通りにも人通りが少ない気がします。

 

こういう時、何気に思う事があります。

きっと美容師の方なら一度は経験したことがあるんじゃないかと思います。

 

「あのお客様は元気にしてるかな?」

 

「髪の調子はどうなってるかな?」

 

そうやって思いを馳せたり考えていると

そのお客様からご予約の連絡をいただく事があります。

 

僕自身がデジャブとか予言とか信じるたちなので

そう思うのかもしれないけど、

こういうのって一種の魔法みたいなものではないだろうか?

 

心を込めて髪の毛を切らせていただいたお客様を

心のどこかで元気かな?と考える時、

 

そのお客様が心のどこかで

また髪の毛を切りに行こうかな?と考える時、

その二つの時間が一致する時、

 

これはまさに以心伝心、そして魔法と言えると思う。

こういう時、奇跡かと思うくらい本当に嬉しくなる。

 

魔法と言えば、ご家族全員で僕を指名してくれる

ご家族がいます。

昔、そのご家族の今では大学生になったお嬢様が

まだ中学生の頃に

 

「フチガミさんに髪を切ってもらうと魔法をかけられたみたいに嬉しくなる」

 

と、言われたことがある。

 

もし僕にそのような力があるとしたら

僕は魔法を使えているのだろうか?

 

そんなことを思う残暑の優しい日。

 

 

 

 

美容院と英会話。

こんにちは、フチガミです。

 

ここ最近梅雨らしく雨が降ったり、湿度も高くなってますね。

そういえば、先ほどお店にいきなり

アメリカの方が入ってきていきなり英語で

「英語は話せるか?」

と尋ねられました。

 

「少しなら話せるよ」

と答えたら嬉しそうに笑ってくれて

英会話が始まりました。

 

聞くとなんでもアメリカから引っ越してきたばっかりで

そのアメリカの方は、すごく強いくせ毛で

日本の梅雨の湿度の高さのせいで

頭髪が物凄く膨らむのでアメリカで使っていたトリートメントがあって

それを使うと落ち着いていたということで

そのトリートメントを探していました。

 

だけど、僕らの所では扱っていなくて

少し残念な思いをさせてしまったのですが、

でも英語が使えたというのがとても嬉しかったらしく

何度もお礼を言われました。

なんでも行くサロン、行くサロンで

「英語は話せません」

と断られ続けてたみたいです。

 

最近はメーカー主催で

英会話講習なども増えてきてるので

オリンピックもあるし僕らの業界も

英語が必要となる時代が来てるのかな?

 

そして今日、ニュースで

僕が英語を学んだイギリスが

EU離脱を発表しました。

 

なんか2年半くらいイギリスで働いて住んでいたので、

あの頃のイギリスではなくなっていくんだろうなあ、

と思うと少し寂しくもあり、幾ばくかの不安もあります。

願わくば、新しく素晴らしい国に変わっていくと良いんだけどなあ。

 

これだけ国が半分に分かれて議論をして

残留派の人たちは納得できているんだろうか?

 

そういえば一緒に働いていた仲間や友人たちは

どうしてるんだろうか?

 

ありがとうございます。

 

お気軽においでませ。

こんにちは、フチガミです。

今日は、「もう梅雨明けたの?」

ってくらい暑いですね。

道行く人もすごく暑そうにしています。

 

先日、お客様とこんな話になりました。

 

お客様「この間、美容院で買ったシャンプーが無くなったんだけど

   カットの時期にはまだ早いから買いにこれなかったんだよね」

 

僕「あ、そうなんですか?シャンプーだけ買いに来るの大丈夫ですよ。」

 

お客様「あら、そうなの?なんかカットもしないといけないと  

   思ってたわ。なんか悪いし」

 

お客様は、何も悪い事をしていないのに

施術無しでシャンプーだけを買いに美容院を

訪れる事を申し訳ないと思っていたのです。

 

昔から感じていたことではあるのですが、

美容院ってなんか敷居高く感じることありませんか?

僕は美容院には気軽に、まるでドラッグストアによる感覚で

寄ってほしいなあ、と思ってます。

 

僕は髪を切る時、髪を染めた時、今、その瞬間を

綺麗にすると同時に、明日やその先を考えています。

なので、ふとした瞬間に、

「あの髪はどう伸びているだろうか?」

「あの髪色はどう退色しているだろうか」

と思っていて

もしカットの時期以外に髪を見ることができれば

それを知ることができれば

また違うご提案ができると思います。

 

 

頻繁に、それこそ毎月カット、カラー、トリートメントとか

フルメニューをできる方は良いですけど

現実問題、それは難しいと思うので

三カ月に一回くらいのペースで

カット、カラーをしているなら

カットとカラーを別にして、一月半に一回

カットとカラーを別にするとかでも良いと思います。

あと、前髪だけカットにいらっしゃるとか。

そうして美容院に行く頻度を上げていくと

どんどん理想の髪型に近づくと思います。

なので美容院へ行く間隔をあまり開け過ぎちゃうと

原型が無くなってしまいお互い大変になってしまいます(笑)

 

と、いうわけでお気軽にサロンへおいでませ。

 

ありがとうございます。

 

健康状態を簡単にチェックする方法。

こんにちは、LINKスタイリストのフチガミです。

今日は雨も降ったり雨がやんでも曇り空で

どんよりして5月も終わるし、いよいよ梅雨の季節ですね。

 

5月になると

「5月病」

なんて言葉も出てきたりしてなんとなくですけど

「お疲れですか?」

みたいなお客様が最近多い気がします。

 

お客様がいらっしゃって「お疲れかな?」と思う時は

顔色で判断するときもあるし

その人のかもしだすオーラで判断する時もあります(笑)

でも、実は一番の判断材料は頭皮だったりします。

ヘアカットをする時に髪の毛をめくりあけるんですが

その時に頭皮が見えるじゃないですか?

頭皮の色でその人の健康状態がわかったりします。

 

自分の頭皮ってみたことありますか?

あまり見ないですよね?

髪の毛でおおわれているからあまり気にしないかもしれません。

頭皮の色によって頭皮の血行が良い人、

悪い人というのがわかります。

 

頭皮の色はざっくりと分けると、

青白、黄色、赤

に分類できます。

簡単に例えると信号機と同じと言われていて

青は正常、黄色は注意、赤は危険な状態と言われています。

 

「青白い頭皮」の人は健康な状態で

頭皮を流れる血液がきちんと循環している証拠です。

他の肌と違い、髪でおおわれているので紫外線の影響などを受けにくく

肌本来の色を残しているのが健康な肌です。

今の状態をキープできるように頭皮のケアだけでなく

日々の生活に気を付けていけばよいと思います。

 

「黄色い頭皮」の人は気を付けましょう。

黄色や薄茶色っぽい場合は、角質が溜まっていたり

血流が悪い場合になる事が多いです。

不規則な生活や日常のストレスによる

注意信号が頭皮に現れて頭皮が黄色がかります。

そして、皮脂が酸化している状態の場合もあり

脂っこい食事を取り過ぎてもなりやすいです。

黄色の状態を放っておいてしまうと

薄毛の原因にもなってしまいます。

 

「赤い頭皮」の人は要注意です。

赤い頭皮は、酸欠状態にあるか何らかの

炎症を起こしている可能性があります。

血流も滞ってると考えられます。

放置しておくと強いかゆみや湿疹、

フケなどが起きてしまいます。

血行不良の状態が長く続いているサインなので

疲れをためないようにするのはもちろん

バランスの良い食生活で栄養をしっかりとりましょう。

 

改善するためには今一度日常生活を

見直していただいて、身体全体の血流を

良くすることによって頭皮や髪の毛に

いい影響を与えます。

頭皮マッサージも頭皮の血行を促進して

健康な状態に導いてくれるので

時間のある時に是非やってみてください。

 

さあ、今すぐ頭皮の色を鏡等でチェックしてみてはいかがでしょうか?

どうですか?お疲れではないですか?

健康な生活で健康な身体と頭皮を取り戻せ!!

 

(僕も頑張ります。。。)

 

ありがとうございます。

 

子供たちの未来へ。

こんにちは、LINKのフチガミです。

気温もそうですが湿度もだいぶ上がってきて

少し汗ばむ時期になってきました。

 

最近、テレビやネットのニュースって本当にどうでもよいような話や

なんでそうなるの?ってニュースが多くて

なんだかなあ?と感じる今日この頃。

 

でも、その中でとても素敵なニュースを見つけました。

 

遺児500人以上に奨学金 みちのく未来基金活動報告

 

http://mainichi.jp/articles/20160311/ddl/k13/040/160000c

 

東日本大震災で親を失った子供たちに

高校卒業後の進学を支援する公益財団法人

「みちのく未来基金」

をロート製薬、カルビー、カゴメ、エバラ食品の

4社が運営しているそうです。

 

大学や短大、専門学校の入学金と授業料(上限300万円)を

返済不要(ここがスゴイ)で全額給付して

震災時にお腹にいた赤ちゃんも対象で

その赤ちゃんが大学院を出るまでの

約25年間続ける方針だそうです。

瞬間的な支援も必要だけど

こういう長期的な支援って本当に凄い。

 

こういう民間企業の理念って素晴らしいなあと心から思う。

ただ儲かればよいという考えの会社が多いような

気のするこの頃で、

こういう風に本当に困っている人を助け

社会に貢献する考えを持つトツプがいる企業は

もっともっと発展していくんじゃやないのかなあ。

というか、発展しなきゃいけないと思う。

この趣旨に賛同する企業が増えるといいなあ。

 

で、こういう素敵なニュースをマスコミは

ドンドン流してほしいと思うし、こういうのが知りたいんだよなあ。

子供たちの未来の為に報道してほしいなあ。

久しぶりにお金に関する話で良い話しだと思った。

どこかの都知事のお金の使い方とは

天と地ほどなくらい全然違うな(苦笑)

 

よし!時々、湖池屋に浮気してたけどポテチは

カルビーしか買わない!

帰りに薬局いってロート製薬の目薬買って

スーパーでカゴメのケチャップとエバラの焼肉のたれを買おう。

たいした協力もできないけれど商品の購入で

幾ばくかの協力にでもなればと思う。

 

 

ありがとうございます。

 

※少人数で、基本マンツーマンでさせていただいていますので

土日などは、当日のご予約が取れないケースが あります

前もってのご予約か

ご来店時に次回予約をしていただけると

確実に、来たい日にちにご予約が取れます!

土日祝日は、当日予約は非常に取りにくくなっていますので

次回予約をした方が確実です

お会計時にも5%OFFになりますので ご検討下さい!

03-6804-0460

え?あれがダイエットに最適なの?

こんにちは、linkスタイリストのフチガミです。

だいぶ、暑く感じる日もありますが

朝晩はまだ少し涼しいですね。

 

さて先日、

「大人の食育」

というテーマの本を読みました。

その中で印象的なお話で

「お米の持つ力」

という話がとても面白かったです。

 

日本人にとってお米ってとてもなじみ深い

食べ物じゃないですか?

昔話でもよく「おむすび」とか

「おにぎり」ってでるでしょ?

でも、今の日本ってお米の消費量が

とても少なくなってるみたいで

高度経済成長期の40年前と比べると

今の消費量はなんと半分以下!!

しかも年々減り続けているんだって。

 

昔に比べておかずの品数や量が増えたり

主食の量が減ったことが原因として挙げられるみたいだけど

最近だと、

「糖質制限ダイエット」

とかも流行ってるからそういう理由もあるみたい。

 

いつからか

「ご飯は太る」

というイメージというかそんな印象が増えてきて

いっさいご飯食べない人もいるとかいないとか。

でも、痩せるにしてもまずは食べたものを

きちんと燃やしてエネルギーに変えられる身体を

作らなければならなきゃダメなんだって。

 

で、実はここで逆にお米の出番みたいで

お米ってあらゆる食材の中で、

一番体内で燃えやすく一番持ちの良い燃料なんだって。

よく噛んでゆっくり食べる事でさらに効果があがるとか。

確かに、同じカロリーでもパンや麺類を食べた時より

お腹が空きにくい気がしない?

小麦と違ってお米は身体の冷えを解消する働きもあるみたいよ。

胃腸が弱くなければ玄米や雑穀米がおススメみたい。

 

かつて、日本で活躍していた飛脚の食事は

一日二食の玄米ごはんと漬物程度で、

にもかかわらず飛脚の彼等は

江戸~京都間を3日半で走りぬいていたみたい。

すごくない?

距離にしたら約490キロメートルで

毎日30キロメートル進んでも15日以上よ。

 

そして江戸末期に

「米だけでそんなに走れるのなら栄養価の高い

肉を食べさせればもっと走れるのではないか?」

という実験をしたところ、

あっという間に走れなくなってしまい

飛脚から

「元の食事に戻してくれ」

というエピソードも残ってるみたい。

 

お米の力の奥深さを知りました。

日本は古来から米の国だと思うので

日本人の命の源になっているんじゃないかな?

 

なのでダイエット中の人もそうじゃない人も

お米をたくさん食べましょう!

やっぱり日本人は米だよ米。

 

と書いてたらお腹すいてきて

ほかほかの炊き立てご飯が食べたくなってきたから

これから「やよい軒」にいってきます(笑)

 

ありがとうございます。