こだわりのハサミ。

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。

今、持っているハサミで
一番長く使用しているので約25年ほどなものがある。

定期的に研ぎに出したりするので
最初に買った時よりも数センチ短くなった。
元々、刃先の長いハサミが
好きではなく出来るだけ小さいハサミが好みだ。

なのでドンドン短くなるので
時間が経てばたつほど手に馴染んでくる。
遠目から見るとハサミ持ってないように見えるみたいで
それくらい刃先が短い。

切るのに多少時間がかかるけど
手から髪の毛の距離が短い方が
細かく丁寧に切れるから好みなのである。

刃先が長いハサミも持っているけど
本当にバッサリと切る時以外は使用しない。
その時、すごい遠くで切っているような感覚になる。

そのハサミが研げなくなるまで
美容師は絶対に続けたいけど
あとどれくらい研げるのかな?ブログ画像フチガミ

根元のプリンが気にならないカラー。

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。

髪の毛の色を明るくしようかな?
と思う時に心配になるのが
「すぐに根元を染め直さなきゃいけないのかなあ?」
と、いうのがありますが
あまり明るくしない場合でしたら、
塗布の仕方で時間が経過してもあまり気にならないように
できたりします。ブログ画像あ、写真カットが終わったあとです。
少しゆるいクセのある髪質で
このクセをもっと柔らかく見せる為に
少しだけ明るくします。ブログ画像細かく筋状にカラー材を塗布して
自毛と混在するように塗布します。

自分の髪色も残るので
時間が経過しても自然な色合いとなります。

この塗り方で太めに間隔を開けて
明るいカラー材を塗布すると
メッシュ?ハイライト?
になります。

美味しいお茶とおやつを食べながら
リラックスしていただいて
眠れるシャンプーをしてドライします。ブログ画像自然にほんのり明るくなり
髪の癖と相まってとても柔らかげな印象になりました。

毛先が自然と曲がってくれるので
乾かして少しオイルタイプのものを
つけるだけなので朝も楽チンだと思います。

ほんのり明るくして
プリンが気になりたくない方は
ご相談だけでもぜひどうぞ!

フチガミ

自分に最適なシャンプー。

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。ブログ画像市販のシャンプーで良いなあ、と思うものは
正直にいって出会った事がないです。

と、いうのも本当に髪に良い成分を使うと
原価が高くなるため市販されている価格帯では
採算が取れなりますし
宣伝費もかかっているので美容室のシャンプーより
原価を安く抑えなければいけないのです。

市販のシャンプーは性能が大体こんなものか、と
平均値になっています。
美容院のシャンプーは何かに特化した性能を持つ
シャンプーが多いです。

ですので美容院のシャンプーならどれでも良い!
という事はありません。

その人の髪質やカラーをしてから
どれくらいたっているか、パーマは何回かけているか?
異なる髪の状態でシャンプーを選ぶ事になります。

簡単に言えば市販のシャンプーは
ドラッグストアで買える薬、
美容院のシャンプーはお医者さんにしか出せない薬、
みたいなイメージです。

目指す髪の状態を把握して
今の髪の悩みに特化しているシャンプーを
使えているか?を美容師と一緒に
見直してみましょう。

 

【コロナ】美容師が教えるホームカラーのコツ.3

こんにちは、柴田です

コロナなGWどうお過ごしでしょうか?
僕は、この機会に寝かせておいた企画などを、着々と進めております(気になっているだけかも・・・)

さて!
今日はホームカラーのコツ
アナタが待ち望んでいたであろう

”白髪のリタッチ編”です!!!

前回のブログでも書きましたが

おいおいおい、美の伝道師である美容師がそんな事言うか!!

という感じです

もう結論から書きます

根元の白髪染めを自宅でする場合は・・・

気になるとこだけ染める!!!

そう!顔周り、特にもみあげ付近と髪を上げているのであれば
生え際
そして分け目だけ染めてください!!

おいおい、美容師がそんな横着なこと言っていいのか?と思われるかもしれませんが

これには意外とちゃんとした理由があるんです

まず、最初にも書きましたが
ホームカラーは素人でも染めれるように
かなり強い薬(染料が多く入っている)なのは、わかってもらえていると思いますが

美容師が染める場合は
伸びている白髪の部分(新鮮毛といいます)だけに染料を塗るのですが

自分で染めると、中々そうはいかないもんです

根元だけのつもりが、まさかの前頭・毛先までのフルカラーになってしまった・・・
なんてことは、ホームカラーをしたことがある人は経験があるのではないでしょうか?

そうなってしまいますと
一度染まっている髪に負担もかかりますし
何より、染料の重ね塗りとうい事になってしまいます

そうなるとどういうことになるかと言うと
髪の内部に濃すぎる色素が定着してしまい

髪を少しも明るくすることができなくなってしまいます
そうなったら、もう大変
少し明るくしたいと思ったのに、全然明るくならない
無理して強い薬(ブリーチなど)を使えば、変に明るいクセに、赤い髪になってしまったりします
さらに、濃い染料が髪全体にまばらについてしまうと

髪がまばらに明るくなってしまったりしてしまいます
そのリスク回避のために、見える所だけを染まっている髪に薬を付けないように気をつけましょう

次回は、染まりにくいもみあげ編です!

 

髪の毛の状態を知る。その2

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。ブログ画像髪の状態を知るシリーズですが
二つ目は
「指に髪を巻きつけてどの部分から
傷んでいるか」
を調べてみてください。

方法は簡単です。
髪の毛を2、3本水で濡らして
それを指に巻き付けて離すだけです。

髪が健康な場合、
自然と元の位置に戻ろうと離れるはずです。

もし指から離れなかった場合
結構なダメージを受けているかもしれません。

同じ一本の髪の毛でも
毛先と根元ではダメージ具合が違うので
巻き付ける場所を変えて
どこからダメージしているかを把握してみてください。
把握する事でケアの仕方も少しづつ変わってきます。

そして髪の毛が元に戻らないほどですと
縮毛矯正やパーマを行うのも
難しい状態かもしれません。

その3に続く

フチガミ

髪の毛の状態を知る。その1

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。ブログ画像髪を綺麗にしたい!
と、思った時まずは

「今の自分の髪の毛の状態を知りましょう」

髪の毛の状態は一人一人違うので
全ての人を同じ方法で
綺麗にする事はできません。

その為にその人の髪のダメージに
あわせたケアが大切です。

まず今のあなたの髪の状態を
把握する方法をご紹介します。

「自分の後ろ姿を撮影する」

自分の後ろ姿を見ることって
少なくないですか?
でも、他人の後ろ姿や後頭部を
見る機会はとても多く
後ろ姿でまず目につくのは髪の毛で
そして顔が見えなくても髪を見て
「この人しっかりしてそうだな」
とか
「疲れているのかなあ」
なんて勝手に想像してしまうこともあると思います。

そう、つまりあなたも同じように
後ろ姿を見られているのです。

前から見る自分に気を遣えても
自分から見えにくい後ろは
どうしてもおろそかになりやすいです。

そう、髪のセルフチェックは
自分の後ろ姿を確認してみましょう。
お手持ちのスマホや携帯電話で
友人や家族に写真を撮ってもらいましょう。
特に外で撮影してみると
ほとんどの方が
「結構髪の毛痛んでいるんだな」
と感じるはずです。

自分がイメージする髪の毛と
写真で見る髪のギャップを知って
そこから
「どんな綺麗な髪の毛にしたいのか?」
を考えていきましょう。

その2に続く

 

綺麗な髪の毛。その3

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。ブログ画像スキンケアは肌のターンオーバーがあり
細胞が生まれ変わるので早い人で1ヶ月くらいで
効果が出てくるかと思います。

すぐに効果を実感できるので
ある程度お金をかけて毎日
スキンケアに時間をかけている方は多いと思います。

しかし髪の毛は
「死滅細胞」
と、言って元に戻る事ができないので
1ヶ月や2ヶ月ですぐに綺麗になるのは
難しく長さにもよりますが
1~2年ほど時間をかけて
じっくりとケアをしていく必要があります。

気が遠くなるようなお話かもしれませんが
諦めたりする事はありません。
必ず綺麗になりますので
ぜひ希望をもっていただきたいです。

フチガミ

【コロナ】美容師が教えるホームカラーのコツ.1

こんにちは柴田です(‘ω’)ノ

今日は、自宅でホームカラーをする場合のコツを書いていこうと思います(´・ω・`)

※カラー初心者向けの内容になっていますので玄人の人はそっと閉じてください( ´艸`)

 

まず最初に知っていてほしい事なんですが

カラー剤の殆ど(ホームカラーはほぼ)は

時間と熱で染まり方が変わっていきます

時間に関しては、前回書いた通り、できるだけ時短の方向でやる(そのための今回のブログ)

そして熱なんですが

頭皮に近ければ近い程

身体の体温があるので、明るくなりやすくなります

なので、明るいカラーの場合は根元から一回で塗ってしまうと

根元だけが明るい状態になり

 

いわゆる【根明(ネアカ)】状態になり

頭が剥げてみえます(ここは男性なら死活問題)

なので、明るいカラー剤で髪の毛全体を染める場合は

根元を

2cm位開けないといけません(そこが難しいねん!)

 

という事で

今日は、ファッションカラー(おしゃれ染め)を毛先まで染める場合の自分で染めるコツを書きます

 

髪がロングの場合は今回は無し!!!

 

ミディアム位の髪の長さでやっていきます

まずホームカラー(おそらく、薬液を2個混ぜるタイプになるかと思います)

それを手にブチューーーっと出してもらい

髪にトリートメント付けるように、塗りたくっていきましょう!!

 

できるだけ、髪の中間から毛先にかけてベターって塗ってください!

そしてできるだけ荒めのクシ楽天市場】コーム 荒目の通販

こんなのであれば最適です

 

これでかみを根元(1cm位あけて)付近からコーミングしてください

そして頭にラップをして、薬液の乾燥と保温をしましょう

この時点で(薬液が1/3位あればいいと思います)

そして約10分ほど時間を置いたら

残りの薬液をまたブチューっと髪につけましょう(ここでも根元には付けないように)

 

そしてこんどは根元付近(クシが根元に当たる感じ)からコーミングしていきましょう

 

そして5~8分

 

そしてここからも大事です

 

お風呂場(勝手に風呂に入って流すことにします)でカラー剤のついた髪の毛に

 

少しお湯をつけます

そして、頭をわっしゃわっしゃと揉みまくります!

頭皮だけじゃなく、髪の毛も揉みまくります

これが乳化という作業になり、髪の中に色素を定着しやすくなる作業になります

 

そして、めっちゃ洗ってやりましょう!台湾式シャンプーのイラスト

 

そして、髪をふくときは、できるだけ色付きのタオルで拭いたほうが

 

タオルが汚れずに済むと思います!

この作業、なれてしまえば

最初の染めの部分は5分ほどで終わるのではないでしょうか?

次は、白髪染めの根元染めを書いていこうと思います

 

ネタばれになるかもしれませんが、次回は

それを美容師が言うのか!!って感じでせこい事言いますw

 

次もぜってぇ見てくれよな

【コロナ】美容師が教えるホームカラーの注意点.2

こんにちは柴田です

前回の続きいってみまょう

前回は、ホームカラーを長時間置く事での

ジアミンアレルギーの危険性を書かせていただきました

今回は、カラーをすることでの髪の負担について!

一般的に、あなたがカラーと言っている商品は

正確にはアルカリカラーという物になります

簡単に言いますと

髪の毛のpH値(わからなかった調べてください)は弱酸性です

その髪の毛を、アルカリ性に寄らせる事で、髪の毛を膨潤させて髪に毛の中に
染料を入れていくとゆう物になります

髪の毛をアルカリ性に移動させる事で

髪に負担がかかり、髪の毛が損傷してしまう(正確には他の要素も多々ありますがこの認識で大丈夫です)

前回のブログでも書きましたが

ホームカラーは基本的に、素人の人でも簡単に髪を染めることができるように作られていると書きましたとおり

この染料(ジアミン)そしてブリーチ剤(暗い色でもしっかり入っているんです)

なので、カラー剤を髪につけている時間が長ければ長いほど

髪に負担がかかってくるという事になります

そして自分で染める場合は、美容師が染めるよりもどうしても時間がかかり

最初に染めた所と、最後に染めた所で時間の差がかなりでてしまう可能性も大きいと思います

まず説明に書いている通りの時間ないで染めていただくのがベターだと思います

自分の髪は染まりにくいから、規定の時間の2倍置いてるわ!

という人もいると思いますが

それって例えるならば、頭痛薬1錠では効かないから、いつも2錠飲んでいます

みたいな事で、お医者さんにそんな事言ったら

平手打ち必須な案件ですよねw

まず規定の時間を守る!

そして染める時間を短縮するのがいいと思います

なので、次回は

ホームカラーを時短でできる方法を書かせていただこうと思います

次回もぜってぇ見てくれよなbyしばた

綺麗な髪の毛。その2

どもです。
人情派美容師のフッチーことフチガミです。ブログ画像きっと、あなたも綺麗な髪の毛にする為に
今まで色々な事を試したりしたと思います。

高いシャンプーを購入してみたり
美容院ですすめられたトリートメントをしてみたり。

その時は、少しくらいは髪が綺麗になったかも
しれないですが結局は一時的な
効果にしかすぎません。

しかも、それが思っているような結果がでなくて
コロコロとヘアケア商品を変えてしまう人も
多く感じます。

仕事をしていて思うのは
髪を綺麗にしたい!
と思っていても髪に対する意識や
時間とお金のかけ方が人によって
全く違うなあと感じます。

「高いシャンプー買ってるし美容師なんて誰でも同じでしょ?」
とか
「美容院で毎月トリートメントしてるけど
シャンプーやヘアケア用品は市販のものです」
や、
「髪質は生まれつきなものだから
何をしてもしょうがないんじゃない?」
など、
本当に様々です。

でもスキンケアに比べて
ヘアケアを疎かにしている人が
多いなあ、と感じます。

その3に続く

フチガミ