フッチーの知らない日本語の世界。

こんにちは、LINKのフチガミです。 気温は若干低めというか吹く風が少し 冷たいですが桜も咲きだしてきているし ポカポカの春はあと少しですね。   先日、面白い本を見つけました。   「やまとことば50音辞典」   です。   日本語には 「漢字」 という外国語と 「大和言葉」 という古(いにしえ)の昔から使われている 本来の日本語というものがあります。   やまとことばは、 「あ」 から始まって 「ん」 までその一つ一つの音に意味があるそうで この本には詳しく書かれています。   例えば 「や行」 の 「や・ゆ・よ」 は、その音だけで 私たちは癒しのイメージをもつそうです。   「休む」 という言葉は、 「や(屋)+すむ(住む)」 というように家でゆっくりとくつろぐ事が 「休む」 となっているそうです。 ものすごく言葉に奥行きが出ますよね。   その他に 「が行」 は、その音だけでささるようなイメージを持ちます。 なので怪獣などの名前はが行が多く ガメラ・ゴジラ・ギドラなど が行が多いそうです。   やまとことばから昔の日本人の 想いや気持ちが込められていて 「湖」 という漢字だけをみると意味がわかりずらいですが 「みずうみ」 をかなで見ると名付けた理由がわかります。 「水+海」 で 「みずうみ」 として 昔の日本人は、湖を見た時にはじめは海だと 思ったけど、でもその水をなめてもしょっぱくないので みずのうみにしたんだそうです。   地名など色々な所に祖先からの メッセージが隠されているそうです。   これだけグローバルな時代になったけど 今一度、日本人の本来持っている発想や 世界観を見つめなおせば もっともっと豊かな国になれる気がします。   日本人ってすごいなあ。   ありがとうございます。