初めての瞬間。

こんにちは、フチガミです。

 

梅雨もあけてないのに暑い日が続きますね。

体調管理は大丈夫ですか?

 

最近、とある理由で母親と会う事が多くなりました。

実家が近いくせになかなか会ってもいなかったけど

(別に不仲ではない)

こうして頻繁に会って話していると

実家にいた昔の頃(特に幼少期の頃)に事を思い出します。

 

あれは小学生になる前だったから

幼稚園だったかな?

僕はコタツで寝ながらテレビを見ていた。

母親が作る夕食の匂いと包丁で食材を刻む音が

いいリズムで聴こえてくる。

 

何故かはわからないけど大きな声で

僕は急に数字を数えだした。

 

「いーち、にー、さーん、・・・・」

母親の顔は見えなかったけど包丁の音を

合わせてくれているように感じました。

 

「きゅじゅうはち、きゅうじゅうきゅう・・・・」

 

僕はその先の数字を知らなくて声が止まってしまった。

 

その時、母親が

「次はひゃくって言うんだよ」

と教えてくれて

 

「ひゃく!」

 

と僕は言えました。

 

その時初めて「ひゃく」という数字を知った瞬間だった。

 

母親はとても優しい顔をしていました。

なんとなくその日の夕食は美味しかった思い出があります。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.