僕が何故、世田谷で一番めんどくさい髪の切り方をするのか・・・

どもです。

人情派美容師のフッチーこと、フチガミです。

 

僕はカットをしている時に時々、お客様に驚かれる。

「すごい細かく切るんですね。」

と。

 

と、いうのも僕はカットの際に毛量調整などの時に

セニング、いわゆるスキバサミを

ほとんど使わない。

もちろん、スキバサミは2本所有しているし当然使う。

が、それはある程度限られた髪質の人だけだ。

あ、

この辺の技術の話は以前口論になったので割愛させてください(笑)

カット技術に正解も不正解もないのかなあ?なんて考えています。

 

と、いうか自分自身がカットされる時に

セニングでガシガシ、鋤かれるのが好きではないので

自分がカットする時には、あまり使いたくないだけなのだ。

 

基本的な毛量調整や、質感カットなどは、

お客様の髪質に合わせて細かくハサミで髪を切る。

 

ドライカットの時に毛量調整や質感調整をする時に

使用するハサミは手のひらよりも小さいハサミを使う。

これは、もう20年以上使用しているハサミで

研いでるうちにドンドンとハサミが小さくなってしまった。

 

その小さくなったハサミで細かくカットしていく、

場合によっては、数本単位だ。

特にクセ毛のお客様の時はより慎重になる。

セニングで鋤きすぎると、それこそ毛先は暴れまくるし

収まりも悪くなる。

だからこそ、数本単位で毛量調整をした方が

良いんじゃやないかと思ってカットをしている。

 

昔、某有名美容師さんのカット講習を受講して

カットを見てもらった時に

「すごい面倒くさい切り方するねー(笑)」

と、言われたこともある。

でも、その後に、

「そういう切り方してたらお客様も喜ぶでしょう?」

と、言われて嬉しかったのを覚えている。

 

とにかく、急いでカットして!

と、思うお客様には僕のカットは不満だろう。

(急げ!と言われれば、10分で切れるけど)

でも、その他、多数のお客様や、僕が担当させていただいていたが

他店に行き、また戻ってきてくれるお客様がいるので

まあ、

「世田谷で一番めんどくさい切り方をする美容師」

とも、言われたけど(笑)

でも、それで良いんだと思っている。

 

そして、カットのもちが良いと多数のお客様に

言われるのも密かに自慢に思っている。

これも、先述に出てきた某有名美容師さんに

「そのカットだと、もちが良いから儲からないでしょ?」

なんて、言われたこともある(笑)

 

まあ、お客様が喜んでくれているのなら

それで、良いかなあ?なんて思っている。

自分がカットしたスタイルが長持ちするなんて最高だ。

 

あ、基本的にはカットは1時間以内に終わりますので

もし、他店で早くカットされて不満があった方や

クセ毛でカットにお悩みの方は是非どうぞ。

 

「世田谷で一番面倒くさいカットする」

 

美容師にカットされてみませんか?

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

Link フチガミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です