ムラなダメージのある髪の毛に縮毛矯正。

どもです。人情派美容師のフッチーことフチガミです。

髪の毛のダメージがなく、もしくはダメージしていても
ある程度ダメージが均一なら縮毛矯正も
やりやすいのですが髪の毛のダメージにムラがある場合
途端に縮毛矯正が難しくなることがあります。

まずビフォー。

ブログ画像

ハイライトが入っていたりある程度健康そうな部分と
かなり乾燥している箇所のある髪の毛です。
健康なクセの強い部分に合わせて強い薬剤を使用すると
弱っている部分がハイダメージになってしまうし
だからといって弱い薬剤を使用すると健康な部分のクセが
伸びないという事になってまいます。

そこでpH以降還元という方法で
縮毛矯正をしていきたいと思います。
毛先をトリートメントで保護しながら
酸性の薬剤で均一に髪に浸透させていきます。

酸性の薬剤でじっくりと浸透させて時間を置いて
クセの強い部分をアルカリ性のの薬剤を塗布していきます。

先に酸性にしてあげているのでジワジワと
浸透していくイメージなので急激にダメージすることも
軽減できることができます。

中間処理や後処理などトリートメント等で
処理しながら完成です。

ブログ画像

しっかりとクセも伸びてツヤも出て
ダメージがあり乾燥した部分もトリートメントで落ち着きを
取り戻しました。

ブログ画像

外側に盛り上がりボリュームを出していた
内側のクセもしっかりと伸びました。

髪の毛にダメージがあると縮毛矯正も難しくなる場合もありますが
まずはご相談だけでも大丈夫ですので
ぜひどうぞ。

フチガミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です