健康状態を簡単にチェックする方法。

こんにちは、LINKスタイリストのフチガミです。

今日は雨も降ったり雨がやんでも曇り空で

どんよりして5月も終わるし、いよいよ梅雨の季節ですね。

 

5月になると

「5月病」

なんて言葉も出てきたりしてなんとなくですけど

「お疲れですか?」

みたいなお客様が最近多い気がします。

 

お客様がいらっしゃって「お疲れかな?」と思う時は

顔色で判断するときもあるし

その人のかもしだすオーラで判断する時もあります(笑)

でも、実は一番の判断材料は頭皮だったりします。

ヘアカットをする時に髪の毛をめくりあけるんですが

その時に頭皮が見えるじゃないですか?

頭皮の色でその人の健康状態がわかったりします。

 

自分の頭皮ってみたことありますか?

あまり見ないですよね?

髪の毛でおおわれているからあまり気にしないかもしれません。

頭皮の色によって頭皮の血行が良い人、

悪い人というのがわかります。

 

頭皮の色はざっくりと分けると、

青白、黄色、赤

に分類できます。

簡単に例えると信号機と同じと言われていて

青は正常、黄色は注意、赤は危険な状態と言われています。

 

「青白い頭皮」の人は健康な状態で

頭皮を流れる血液がきちんと循環している証拠です。

他の肌と違い、髪でおおわれているので紫外線の影響などを受けにくく

肌本来の色を残しているのが健康な肌です。

今の状態をキープできるように頭皮のケアだけでなく

日々の生活に気を付けていけばよいと思います。

 

「黄色い頭皮」の人は気を付けましょう。

黄色や薄茶色っぽい場合は、角質が溜まっていたり

血流が悪い場合になる事が多いです。

不規則な生活や日常のストレスによる

注意信号が頭皮に現れて頭皮が黄色がかります。

そして、皮脂が酸化している状態の場合もあり

脂っこい食事を取り過ぎてもなりやすいです。

黄色の状態を放っておいてしまうと

薄毛の原因にもなってしまいます。

 

「赤い頭皮」の人は要注意です。

赤い頭皮は、酸欠状態にあるか何らかの

炎症を起こしている可能性があります。

血流も滞ってると考えられます。

放置しておくと強いかゆみや湿疹、

フケなどが起きてしまいます。

血行不良の状態が長く続いているサインなので

疲れをためないようにするのはもちろん

バランスの良い食生活で栄養をしっかりとりましょう。

 

改善するためには今一度日常生活を

見直していただいて、身体全体の血流を

良くすることによって頭皮や髪の毛に

いい影響を与えます。

頭皮マッサージも頭皮の血行を促進して

健康な状態に導いてくれるので

時間のある時に是非やってみてください。

 

さあ、今すぐ頭皮の色を鏡等でチェックしてみてはいかがでしょうか?

どうですか?お疲れではないですか?

健康な生活で健康な身体と頭皮を取り戻せ!!

 

(僕も頑張ります。。。)

 

ありがとうございます。